中国茶(台湾茶)の倭倖
中国茶の倭倖トップ > 中国茶情報 > 000223
台湾茶、中国茶の難しさ 

暑さも厳しさを極めてまいりました。

Web担当です。

冷たいお茶が美味しい季節ですが、
冷たいお茶では、台湾茶、中国茶の美味しさを
十分に感じることはできません。

なぜかお分かりになるでしょうか。

それは、台湾茶、中国茶は香りを楽しむお茶だからです。
もちろん例外もあります。無限の種類があるので。

香り以外は楽しめないと言っているわけではありません。
香りが飛んでも其れなりには楽しめます。

冷やすために大量のお茶を頻繁にいれる人は多いと思います。
いれて、冷やし、飲む。

淹れる作業をする人にはわかると思いますが、
茶葉に熱湯を注いだ瞬間に立ち昇る香り。

個人的には、木柵鉄観音の香りが何とも高貴な香りで好きです。

ああ、いい香りだなぁ。そう感じるはずです。
でも時間が立って、冷蔵庫に入れ、冷茶を口にいれる時には、

本来の香りは飛んでしまっています。

もちろん全くなくなるわけではありません。
冷茶は冷茶なりにおいしいです。

高山茶、木柵鉄観音、と交互に、私は毎日のんでいます。
高山茶は冷茶にするとさっぱりしておいしいし、

木柵鉄観音は口がスッキリしてこれも
外せません。

冷茶は冷茶でとっても美味しいのですが、
もし、猪口のような小さな茶杯と、
急須をお持ちであれば、

熱湯でいれたてのお茶を飲んで見てください。
小さな器であればすぐに冷めるので

夏でも大丈夫です。

猪口のような器で飲むなんてと思うかもしれませんが、
これがミソなんです。

やけどしない温度まですぐに冷める。
すぐに冷めるから香りが飛ばない。

いれたてと作り置きではかなりの違いが出てしまう。
いれたてでもうまくいれるのは難しいのですが。

このあたりが、台湾茶、中国茶を楽しむ
難しさなのです。

本来の香りを知らない人がいるのではと思い、
少し書いて見ました。

ふと思ったのですが、コーヒーもいれる時にふわっと
いい香りがします。

台湾茶、中国茶風に
小さな茶杯で飲めば、また違う魅力が発見できるかもしれません。



〒657-0836

兵庫県神戸市灘区城内通2-4-15
ルラーシュ王子公園201
中国茶販売 「倭倖」
代表 木村 則幸
TEL 078-855-2553
E-mail info@wakou.cc